新品・中古家電で高額査定してもらうための方法を詳しく解説します。

不要な家電を売る方法

新しい家電を買ったはいいけれど、実際に置いてみるとサイズが大きすぎて入らなかった、最新モデルが出たから今ある家電を買い替えたいなど、家電を売ってお金にしたいという人は少なくないのではないでしょうか。
そこで今回は、お得に家電を売る方法を新品の場合と中古の場合とに分けてご紹介します。

 

 

新品の家電を売る方法

新品の炊飯器イメージ

新品の家電を売る方法としておすすめなのが、新品専門の買取業者を利用することです。

 

ネットオークションの方が高値で売りやすいと思われがちですが、それは価値の高いレアものの家電である場合がほとんどです。
一般的な家電では高値がつきにくく無駄に送料や手数料もかかり、そのうえいつ落札されるかも分かりません。

 

専門の買取業者では、一般的な家電でも新品であれば高額な値段で取引できるケースが多くあります。製品を見極めて、専門の買取業者で売るのかオークションに出品するのかを決めましょう。

 

とはいえ、保管状態が悪く汚れてしまっていると場合によっては買取不可となってしまう場合もあります。また、放置しすぎて型落ちしてしまうと値段が下がるためできるだけ早めに売るのがポイントです。

 

また、新品・未開封家電の売却基準も存在します。

 

  1. 箱や外袋を開封していない未開封状態であること
  2. 外箱がキレイな状態であること
  3. 保証書に捺印がされていないこと
  4. シールやレシートを貼っていないこと

 

以上の4つが当てはまっていないと新品とみなしてくれないという場合があります。
店舗によってさまざまなので事前に問い合わせてみてください。

 

 

中古の家電を売る方法

電子レンジの掃除

中古の家電を買取ってもらえる目安は、製造して5年以内かどうか。なぜかというと、家電には寿命があり、5年以上経過しているとすぐに壊れてしまう可能性がでてくるからです。

 

しかし、製造してから5年以上たっていても、レアものだったり状態がよかったりするものであれば買い取ってもらえることもあります。逆に5年たっていなくても状態が悪ければ買取不可となることもあるので覚えておきましょう。

 

そんな中古の家電を高く売るポイントとして以下の2つがあります。

 

できるだけキレイにしてから売る

自分でキレイにできそうな汚れは、しっかりと掃除してから売るのが鉄則。この一手間をかけるだけで査定の金額に差がでてきます。
しかし、深い傷などを無理に自分で修復するようにすると逆に汚くなってしまったり故障したりする原因にもなるため、あくまでも簡単に汚れが落とせそうなものだけにしましょう。

 

需要のあるシーズン中に売る

引っ越しシーズンの3~4月は家電を高値で買い取ってもらいやすくなります。シーズン前の2月中旬~下旬でも高価買取をしているとこがありますが、シーズン後半になると高値で取引してもらえなくなります。
翌年のシーズンを待っている間に年式が古くなり型落ちしてしまうこともあるので、過ぎてしまった場合はいさぎよく売る方が高く売れるかもしれません。

 

また、扇風機などの季節家電なども同様にシーズンがくる1~2ヶ月前に査定に出すことをおすすめします。

 

家の物を整理していると、家電の他にもいらないゲームが出てくることもありますよね。
不要になったゲームやゲームソフトを売る方法はこちらをチェックしてくださいね。

不要なゲームを売る方法
TOPへ